Web Analytics Made Easy - StatCounter

ナベログ

【筋トレ&英語学習】男の自分磨きに関する総合情報サイト

【トレーニング理論】トレーニングの3大原理&5大原則とは?知って筋トレの効果を最大化

トレーニング理論


筋トレの効果を最大限に引き出すために大切なのが『トレーニング理論』という法則です。

トレーニング理論には『3つの原理』と『5つの原則』があり、効率よく筋肉を成長させるためには知っておく必要がある知識です。

今回の記事ではそんな『トレーニング理論 3原理&5原則』について詳しく解説したいと思います。

トレーニングの3大原理

トレーニングの3原理


過負荷(オーバーロード)の原理

トレーニングでは一定レベル以上の負荷を与えないと、筋肉は成長しないという原理です。 同じ負荷のままトレーニングを続けていても、体の成長は一定のポイントで止まってしまいます。

扱っている重量が「軽くなった」と感じたら、重量を上げて負荷を増やし続けることが大切です。


特異性の原理

トレーニングの種目によって、鍛えられる部位が異なっているという原理です。腹筋をすれば腹筋が鍛えられ、ランニングをしたら持久力が鍛えられます。自分の目的に応じて適切なトレーニングを選ぶことが大切です。


可逆性の原理

トレーニングを止めてしまうと、体は元の状態に戻るという原理です。せっかく身につけた筋肉を失わないためには、継続してトーレニングを行うことが大切です。


トレーニングの5大原則

トレーニングの5大原則


全面性の原則

偏った筋肉だけを鍛えていると怪我などのリスクが高まるため、「全身をバランスよく鍛えよう」という原則です。例えば上半身だけを重点的に鍛えている方は、下半身のトレーニングも取り入れることが大切です。


漸進性の原則

筋肉を大きくするためには、少しづつ負荷を上げていくことが大切です。扱う重量を急激に上げたとしても、逆にトレーニングの効果が減少したり、怪我のリスクも高くなってしまいます。

筋肉は段階的にしか大きくならないことを意識して、徐々に重さや難易度を上げていきましょう。


反復性の原則

トレーニングは継続的に繰り返し行うことで、大きな効果を得られるという原則です。数回筋トレをしただけで体が急に大きくなることはありません。

「可逆性の原理」でもあったように、トレーニングを止めると体は元の状態に戻ってしまいます。筋トレにおいて最も大切なことは「止めずに続けること」だと言えます。


個別性の原則

体力、体格、年齢、生活習慣などは人によって個人差があるので、人それぞれに適したトレーニング方法があるという原則です。

プロの方がやっているトレーニングだからといって、必ずしもあなたにとって最適なトレーニングとは限りません。様々な方法を試してみて、自分に合うと思ったものを選ぶことが大切です。


意識性の原則

「どこの筋肉に効いているのか」を意識しながらトレーニングを行うことで、効果を高めることができます。特にトレーング初心者の方は、自分が行う種目は体のどの部位を鍛えているかを理解してからトレーニングに取り掛かかりましょう。


まとめ


以上が『トレーニング理論 3大原理&5大原則』についての解説になります。

プロのボディビルダーやフィジーカーなど筋トレで結果を出している人は、必ず「トレーニング理論」を忠実に守ってトレーニングを行っています。

筋トレの成果があまりでず、トレーニング理論を知らなかったという方は、是非次のトレーニングから意識してみてください。